【悲報】すでに公務員も安定じゃない

全国の市区町村の職員のうち、非正規で働く人の数と割合です。
ともに年々増えていて、今や3人に1人が『非正規』です

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/02/0210.html

 いま地方公務員の非正規雇用が増えています。いままでは国から多額の地方交付税が支給されていたので、人口が少なく税収入が見込めない地方もなんとか職員を確保していましtが、年々支給額が削減されていき、そのために、正規の職員を雇用する余裕がなくなっていっています。現にこの10年で非正規雇用が10倍に膨れ上がっています。

それでも公務員希望の学生たち

 非正規の公務員は昇給も賞与も当然のようにありません。それどころか産休や看護休暇、通勤交通費すら支払われていないケースもあると聞いてびっくりです。
 以前、地元の高校生を集めて「将来の街作りに求めるもの」といった座談会に呼ばれたことがありましたが、その高校生たちの将来なりたい職業が圧倒的に公務員だったのに驚きでした。というのも私の地元は高齢化が日本の中で最先端に進んでいる地域で、どう考えても今後人口減少で、市町村合併や消滅してしまう集落もあり、地方公務員もいらなくなるといった現状が目に見えているのに、どうして公務員になりたがるのか不思議でしょうがなかったからです。
 いったい、彼らは何を持って公務員を希望しているのか?そこに興味を持った私は、詳しく学生さんたちにどうして公務員が希望なのかを訪ねてみました。しかし、彼らから帰ってきた答えは驚くべきものでした。

親の話を鵜呑みにして思考停止

族長
族長

どうして公務員になりたいのかな?

収入も安定してるし、将来も約束されているので

族長
族長

収入が安定?将来?地方の役場に将来なんて無いよ

え?どういうことでしょう?

族長
族長

このまま人口が減ったら、市町村合併やなくなる集落もでるよね、当然税収入も減るから、行政サービスに予算が割けなくなるし、公務員もいらなくなる。それでも、公務員になりたいと思う?

でも、親が公務員が一番いいって言ってたので。

族長
族長

・・・・・・・。

 当時から役場の窓口業務などの住民に近いサービスを提供する人たちは非正規の公務員が圧倒的に多かったのは周知の事実です。学校行事や父母会などでその手の愚痴が出ないことはありません。それなのに、我が子に公務員を進める親がいるというのは驚きを通り越して呆れるばかりです。公務員が安定しているなんていう神話は地方では伝説でしか無いのです。

常に情報収集と「知識」を求めないと神話にすがりつくことになる

 これは別に地方公務員に限った話ではありません。「派遣」といった勤務形態も、常に変化の流れに翻弄される業種です。今まではこうだったから、これが常識だからといった思考停止状態では、いつのまにか自分の働き方が不利な条件に追い込まれても気がつくこと無く、いえ、本当は気がついていて不平や不満が爆発しそうなのに「情報」「知識」が無いばかりにどうして良いかわからにでただ悶々とする日々を送るだけになるのです。
 そして、いつか私達の英雄が現れて、この窮地から救ってくれるだろうといった神話にすがりつくようになります。言葉巧みによってくる詐欺師や、票だけ欲しくて甘言を吐く政治家にいいように利用されてしまうのです。そんな愚民になりたいでしょうか?
 ですが、今はネットの時代です。情報は集めようと思ったら、いくらでも集めることが出来ます。情弱にならない方法はそんなに難しくはありません。

今すぐスマホにニュースサイトアプリを3つダウンロードしよう!

 「情報弱者」にならないためにも、スマホでゲームをする前にニュースサイトで「今」何がおきているのかを集めてみましょう。グノシーSmartNewsあとはNewsPicksなんかがお薦めです。
 これらをダウンロードしたら、とりあえずトピックスだけでもざっと目を通しましょう。全部読む必要はありません。気になったものを拾い読みするだけで十分です。ゲームをするためにスマホを持ったら、先に10分だけでもこれらのアプリを立ち上げる習慣をつけてみませんか?

 そうして情報のシャワーを浴びることで、先程の親のように、自分の子供にオワコンの地方公務員になれなんて言う情弱にはならずにすみます。昔聞いたこと、親や先生が過去に言っていたこと、これらの殆どが今は通用しない非常識だということを知ることも「派遣脱出」には大切なことです。

族長
族長

「情報」を武器にする!ホリエモンもそう言ってましたよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました