「投資」も副業?

お金

この記事を読むと次のことがわかります。

  • 投資は就業規則に引っかかる?
  • 投資は副業になる?

フィンテックで投資が簡単に

決して景気が良いとは言えない今の世の中、お給料は少なくいつリストラに合わないとも限らず何か副業をしようと考える方もいます。

 ただ未だに禁止されている企業が多いのが現状、それなら投資なら問題ないだろうと始める方もいます。最近では、テクノロジーを使って金融をより身近に、簡単に行えるサービスとして、フィンテック投資も当たり前に知られるようになりました。

 ちなみに副業に法律上の明確な定義はありませんが、本業とは別で収入を得ているならば一般的にはそう呼ばれる以上は投資だって含まれる事となるのです。

 ただ、会社の就業規則を見てみると更に詳しく「毎日・あるいは毎月一定収入を得ている場合」とあるはずです。

 フィンテック・即ち金融IT分野に限らず、毎月一定のお金が手に入っているのであればもっと多くの方が手を出します。単発的に利益が入り場合によっては損することもあるような副業は、就業規則には違反しない可能性が高いのです。

 企業が想定しているのは、他の事業主と雇用関係を結んだり事業を起こしたりといった行為となります。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

 グレーゾーンにいる以上、揉めたく無ければ周りに投資をやっている事をやたらと話さないことです。人の幸福は妬みの元・不幸は蜜の味と言いますから、勝手に上司にバラされる危険性もあります。

 更に危険なのが確定申告の時、実は必ずしも自分で行う必要はなく、証券会社の特定口座を開設して源泉徴収ありと設定しておけば、自動で証券会社が税金を納めてくれます。

 自信での手続きも面倒なので、敢えてやらない方が身の為です。特に会社で禁止されておらず他にも前例がある・損失の繰越控除などのメリットを受けたいという場合のみ行うようにすれば、会社バレするのも少ないでしょう。

 ただ、どこからか人づてに伝わらないとも限りません。もしもバレてしまった場合、きっと何も起こらないはずです。

 会社の就業規則には法律的根拠は無し、罰金を支払う必要がありません。公序良俗に違反するような事をしているのでも無く、仕事から帰って自宅での時間にパソコン操作をやっている程度です。仕事の合間にとなれば社会人としてのマナー違反でもあり上司から注意を受けるでしょうが、大きな問題となることは無いでしょう。

THEO

 むしろ、専業主婦だけでなくサラリーマンの副業も当たり前といった今の時代、禁止されているということ自体知らないままに行なっていたという方も多いです。

 ただし、投資にはリスクも付き物、それでも行うのであれば企業対策も含めてよく勉強した上で、始めるようにした方が良さそうです。

族長
族長

金利が低い銀行よりも投資を選んでいる人も多くなりましたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました