プログラミングの勉強法は何がオススメ?

スキル

独学でも学べるけど

 プログラミングは入門のハードルが比較的高く、独学だと何から始めれば良いのかがわからない人も多いものです。もちろん勉強法の確立も、最初から始めなければなりません。そうすると学習を効率的に進めることが難しくなり、目標達成までの時間が長くなります。

 さらに学習が進むに連れ、バグやエラーなどのトラブルなどが付きもので、それを解決するのもひとつのステップと捉えられ、一人で解決するのは困難です。

 しかしどこがその原因になっているのかも自分で突き止めなければならず、いつまでも解決できなかったり頻繁に起こる状況が続くと、モチベーションが下がって挫折してしまうでしょう。

独学のデメリット

  • 学習効率が低い
  • 目標達成まで時間がかかる
  • モチベーションが下がりやすい

プログラミングスクールの利点

 プログラミングスクールの最大の特徴は、メンターにサポートしてもらえることです。壁にぶつかった時にどこが問題なのかを客観的にアドバイスしてもらうなどで、解決できる時間が短く済みます。解決できない問題で先に進めないから挫折というリスクを減らして、継続しやすいです。

 また環境面でもメリットがあり、設備面がプログラミングに適した環境になっていることが多いです。独学では大きな手間になってしまう自分での設備選びの手間が省けて、開発環境など、就業後のイメージが付きやすいでしょう。

 さらに人と繋がることができるという強みは、将来に活かせる可能性があります。メンターはもちろんのこと、スクールという共通点によって他の学習者とも意見交換ができる機会ができます。

スクールのメリット

  • メンターにサポートしてもらえる
  • 環境が整っている
  • 仲間と意見交換ができる

どんなタイプのスクールがある?

 プログラミングスクールは、自分の学習スタイルに合わせる必要があります。教室での授業であれば、学習に適した環境が整っているので、雰囲気で効率性が変わる人におすすめです。

 ただもちろん足を運ばなければならないので、定期的に時間が確保できることが条件です。

 もし時間があまりないのであれば、遠く離れた場所からでも受けられるWeb授業を導入しているところが良いでしょう。その際にはどのような動作をすれば良いのかがわかりやすいように、動画を積極的に取り入れていることが望ましいです。

 またスクールの強みである専門的なサポートを活かすために、チャットでの質問ができた方が良いです。その時、学校側の対応時間帯が広いと、行き詰まった時にすぐに解決できるでしょう。

CodeCamp

やっぱり独学がいい人は

 通うのが難しいなどの理由があって、独学を選ぶしかなかったり、自分で学びたいという意思が強い人もいるでしょう。

 そんな人はインターネットから接続できる学習サービスを利用するのもひとつの方法です。代表的なのはドットインストールProgateといったサービスです。中には専門家を自分で探すMENTAなどのサービスもあります。またYou Tubeでも数多くの人が配信をしているので、それを参考にするのも良いでしょう。

族長
族長

少しでも興味があったら、プログラミングはやってみて損は無し!仕事にも趣味にも活かせます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました